―龍馬・お龍を癒した霧島の温泉と大自然―
塩浸温泉龍馬公園
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3606
日本最初の新婚旅行 アクセス

メニュー
塩浸しの湯
鶴の湯
泉 質
足  湯
料金・営業時間
アクセス



薩摩龍馬会


龍馬の湯(男湯) お龍の湯(女湯)


 龍馬は小松帯刀や西郷隆盛らの紹介でここを訪れ、寺田屋事件での刀傷を癒しました。

 男湯は「龍馬の湯」、女湯は「お龍の湯」と名づけられております。
 それぞれ2つの源泉があり「塩浸の湯」、「鶴の湯」を楽しむ事が出来ます。

 泉質はともに炭酸水素塩泉で、濁りとわずかな鉄臭がするのが特徴です。神経痛・切り傷・皮膚病・胃潰瘍などの効能があります。

 また、脱衣所には無料鍵つきのロッカーがあります。


塩浸の湯

 岩に白い塩のようなものが付くことから
「塩浸の湯」と呼ばれるようになりました。

鶴の湯

 温泉で鶴が傷を癒していた事から
「鶴の湯」と呼ばれるようになりました。





泉 質

泉   質
塩浸の湯 炭酸水素泉 ( 加水、加温なし )
鶴 の 湯 炭酸水素泉 ( 加水、加温なし )

源泉湯温
塩浸の湯 51.3℃
鶴 の 湯 44.2℃

一般適応症 切り傷、やけど、慢性皮膚病

他…神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復、健康増進

※飲用許可は取っていません


料金・営業時間
料金:大人360円 小人140円
 ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名までは半額
    (身体障害者手帳については、1級から4級までの方)

塩浸温泉  男湯「龍馬の湯」
女湯「お龍の湯」
二つの源泉が楽しめる日帰り温泉施設


Copyright c 2012 NPO Satuma Ryoumakai.All rights reserved
inserted by FC2 system inserted by FC2 system